Gamers Diary

RPG多め、他もあります

【OCTOPATH TRAVELER】8人の物語の収束と明かされる伏線③ (ネタバレ)

こんにちは、Kazuです。

伏線回収シリーズ第3弾です。

 

レイヴァース家当主の手記

f:id:Undecided:20180922000023j:plain

f:id:Undecided:20180922000047j:plain

f:id:Undecided:20180922000109j:plain

f:id:Undecided:20180922000122j:plain

f:id:Undecided:20180922000128j:plain

テリオンが盗もうとした竜石はただの秘宝かと思われましたが、そんなことはありませんでした。テリオンが盗もうとした時点では既に3/4の竜石が盗まれており、所持者の中には竜石の力を知ってそれを手にしようとした研究者もいました。

ここで竜石そのものの価値、レイヴァース家と竜石の関係性が判明しました。

 

マティアスの手記

f:id:Undecided:20180922000209j:plain

f:id:Undecided:20180922000224j:plain

f:id:Undecided:20180922000237j:plain

f:id:Undecided:20180922000256j:plain

f:id:Undecided:20180922000323j:plain

f:id:Undecided:20180922000334j:plain

f:id:Undecided:20180922000345j:plain

聖火教会と対の関係にある黒炎教です。

マティアスが救世主として表で悪事を働くのは物語終盤ですが、商人としてのマティアスはオフィーリア1章で既に登場していました。

計画通りであればリアナが聖火の運び手だったのでそのまま闇に染まっていたのですが、幼馴染のために機転を利かせたオフィーリア運び手に代替わりしました。

結局終盤、ヨーセフの死に付け込まれたリアナは利用されますが、ここもオフィーリアに阻止されることになりました。

聖火を裏切った黒炎教の救世主でありながらも最後は光を求めるというのはなんだか皮肉ですね。

この手記からはマティアスの過去と黒曜会やリブラックとの繋がりを見ることが出来ますね。

 

イヴォンの手記

f:id:Undecided:20180922000407j:plain

f:id:Undecided:20180922000443j:plain

f:id:Undecided:20180922000454j:plain

f:id:Undecided:20180922000517j:plain

f:id:Undecided:20180922000541j:plain

f:id:Undecided:20180922000555j:plain

アトラスダムの学長です。

サイラスは彼の考え方を元から批判的に見ていました。

そしてリブラックとの繋がりもあり、前学長を殺めていたことも判明しました。

知識は己の為にだけ存在すればいいとの考え方から、リブラックやルシアにとっては利用しやすい存在だったのでしょう。

マティアスが不老不死になった辺獄の書も彼が所持しており、善も悪も無い力が悪によって使われた事例となりました。

 

ヴェルナーの手記

f:id:Undecided:20180922000612j:plain

f:id:Undecided:20180922000659j:plain

f:id:Undecided:20180922000725j:plain

f:id:Undecided:20180922000736j:plain

f:id:Undecided:20180922000804j:plain

f:id:Undecided:20180922000807j:plain

ホルンブルグを滅ぼした元凶ですね。

その元凶の裏側にもリブラックが存在したわけですが。

エアハルトは故郷を戦争の際に見捨てられたという出来事で、元から個人的にアルフレート王に対して憎しみの感情を抱いていました。

そこをヴェルナーに利用され王殺害まで至ることになりました。

皮肉にもヴェルナーは自らが滅ぼした王国の騎士であるオルベリクに命を復讐を果たされることになりますが、彼の最期の言葉にあった通りホルンブルグを滅ぼさなければフィニスの門へはたどり着けなかったのでしょう。

なんとしてもこの国を滅ぼさなければならなかったというリブラックの執念が見て取れますね。

 

 

何回かに分けて伏線を振り返ってみました。

オフィーリア、トレサ、オルベリク、サイラス、ハンイット、アーフェン、プリムロゼ、テリオンらの話が見事にリンクしてましたね。

OCTOPATH TRAVELERのストーリーは基本各キャラの完全に独立した話になっています。

しかしそれぞれ目的を達成した後に残る大量の伏線は1つの陰謀によって繋がり、最後は8人で共に向かうべき壁として立ちはだかることになります。

ちょっとドラクエⅣ的な感じでアツいですね!

 

ただ個人的に惜しいと思ったのはキャラ同士の交流がほぼ無いこと。

それ故にストーリーで共に旅をする理由も薄いし違和感も多少ありました。

それ込みでもストーリー、バトル、グラフィック、世界観。

どれをとってもなかなか優れた作品でした!

がっつりゲームを遊んでるな!という気持ちになることが出来ます。

プレイして良かったです。

【OCTOPATH TRAVELER】8人の物語の収束と明かされる伏線②(ネタバレ)

こんにちは、Kazuです。

前回の続きになります。

 

グラム・クロスフォードの手記

f:id:Undecided:20180921235110j:plain

f:id:Undecided:20180921235128j:plain

f:id:Undecided:20180921235150j:plain

トレサに旅立ちの決意をさせた手記の持ち主、グラム・クロスフォードです。
トレサが1章でレオンに乗せてもらった船にこの手記が転がっていた説明が付きました。
妻の治療に必要な薬に「テングワシの羽」が足りない。
このテングワシはアーフェン4章のラスボス。
アーフェンもグラムと同じように、旅で出会った同業の薬師オーゲンを助けるため
グラムの妻と同じ病を治すことになりました。
ここでトレサの手記の持ち主とアーフェン4章が繋がりました。

 

f:id:Undecided:20180921235259j:plain

f:id:Undecided:20180921235335j:plain

f:id:Undecided:20180921235401j:plain

f:id:Undecided:20180921235415j:plain

薬を完成させたグラムですが、妻を助けることは出来ませんでした。
失意の中現れたのが全ての黒幕「リブラック」です。
グラムはそそのかされて最悪の結末に向けて歩み始めました。
その道中出会ったのが幼少期のアーフェン。
この出来事をきっかけに彼は薬師を目指します。
ここでアーフェンのストーリーと繋がりました。

 

f:id:Undecided:20180921235445j:plain

f:id:Undecided:20180921235540j:plain

f:id:Undecided:20180921235552j:plain

f:id:Undecided:20180921235636j:plain

f:id:Undecided:20180921235705j:plain

f:id:Undecided:20180921235712j:plain

 フィニスの門に辿り着いてしまったグラム。
ここで彼は生贄とされる筈だったのですが、必死の思いで抵抗して
ガルデラ復活を阻止することに成功しました。
しかし代償は大きく、彼は人間でない別のものに姿を変えてしまいました。
ハンイットの旅の目的に師匠を倒した「赤目」という魔物を倒すというものがありました。
結果討伐に成功はするものの、赤目と対峙したハンイットに「……どういうことだ?わたしが、感情を読めない……?」というセリフがありました。

魔物や動物の心を読むことが出来るハンイットも唯一「赤目」の心は読むことが出来なかったのです。
これは姿を変えたグラムが「赤目」になってしまったという裏付けになるでしょう。

赤目は魔物でも動物でも無く、人間だから。

ここでハンイットの旅とグラムのその後が繋がりました。

 

ジェフリー・エゼルアートの手記

f:id:Undecided:20180921235820j:plain

f:id:Undecided:20180921235846j:plain

f:id:Undecided:20180921235908j:plain

プリムロゼの父の記録です。

プリムロゼの旅では父の仇討ちがテーマでしたが、黒幕自体の目的は明かされることはありませんでした。

ここでその黒曜会もフィニスの門に繋がっていたことが判明しました。 

 

【OCTOPATH TRAVELER】8人の物語の収束と明かされる伏線① (ネタバレ)

こんにちは、Kazuです。

オクトラが終わったので、最後にあったフィニスの門内部での伏線回収とそれに伴うメインキャラのストーリーを振り返りたいと思います。

 

伏線回収は全部で8つ。

黒い炎のボスを倒すとそこに手記が現れることになります。

内部にあったのは

  • グラム・クロスフォードの手記(1)(2)(3)
  • ジェフリー・エゼルアートの手記
  • レイヴァース家当主の手記
  • マティアスの手記
  • イヴォンの手記
  • ヴェルナーの手記

でした。順番に振り返ります。

まずこの手記の人物についてです。

 

グラム・クロスフォード

トレサが旅立つきっかけとなった手記を書いた本人そのものです。そして幼い頃のアーフェンが命に関わる病を患ったときに助けてくれた恩人であり、アーフェンが薬師を目指すきっかけを作った人でもあります。後にアーフェンのストーリーに登場する薬師オーゲンも過去に彼に助けてもらっており、彼の話によるとグラムは亡き妻の後を追うようにして死んだと風の噂で聞いたようです。

 

ジェフリー・エゼルアート

エゼルアート家当主であり、プリムロゼの実の父親。後に黒曜会によって命を狙われ殺害されることになる。プリムロゼはその仇を打つため旅に出る。

 

レイヴァース家当主

物語の初めにテリオンが盗みを働いた貴族がレイヴァース家になる。当主自身は物語では既に存在しておらず、テリオンが関わるのはその娘のコーデリアとその執事であるヒースコート。この家は代々竜石という秘石を管理しており、テリオンは既に盗まれた3つの秘石を取り戻すべく旅をすることになる。

 

マティアス

聖火教会に対立する黒炎教なる存在を創設した人物。死んだ人を蘇らせることが出来るとの嘘を流し、周りの人間の心を掌握して彼は救世主と呼ばれることになる。オフィーリアの幼馴染であり聖火教会の神官でもあるリアナは実の父親が死んで落ち込んでいたところを彼に騙され、黒炎教の計画に加担することとなる。

 

イヴォン

アトラスダム王国の学長。知識は己が為だけに使うことが正義と考えており、知識は共有すべきというサイラスの考え方とは対立していた。サイラスが旅に出る目的は紛失した辺獄の書を探し求めることであったが、この学長が所持していることが明らかになる。

 

ヴェルナー

傭兵団の団長だった男。部下にはかつてのエアハルトもおり共に活動していた。ホルンブルグが滅びた大きな原因の1つはこの男で、エアハルトを使って実際にホルンブルグを滅ぼした。最後はオルベリクに殺されることになるが、何故ホルンブルグを滅ぼしたのかと聞かれるとそれはフィニスの門の為だと語った。

 

これら5人にはメインキャラ7人のストーリーに強く関連していました。

残りはこのストーリーに関連していたリブラックとハンイットについてです。

 

リブラック

サブストーリーで突如現れる女性。運命の人を探しており、髪は金髪で瞳は深い青、名前にフォードが付く人間が好みだという。ある街で運命の人探しをする兵士に出会い、偶然居合わせたリブラックに出会うことになるが、その兵士もリブラックが求めた人間ではなく断られる。

 

父を探す青年クリスが以前所属していた旅芸人一座の座長が魔物に襲われていたところを兵士が加勢に行くが返り討ちに会う。その兵士を助けると、彼は以前リブラックを狙っていた男だった。その兵士はリブラックが何故かホルンブルグ合戦場跡に向かったと話すが、旅芸人の座長もクリスは女性と共にホルンブルグ合戦場跡に向かったと話す。

 

ホルンブルグ合戦場跡に到着すると目の前にはリブラックとクリスがおり、クリスは「この先に行けば本当に父に会えるのですね」そう話していた。

 

ハンイット

古くから魔物と心を通わせる力を持つ一族が住む村、シ・ワルキで師匠のザンターと共に狩人として生活する女性。ある日、師であるザンターは聖火騎士から直接の依頼で各地で被害を及ぼす赤目なる魔物の討伐を依頼されることになる。後にハンイットはザンターが赤目に敗北したことを知り、師匠を助ける方法を探すことになる。師匠は赤目により石化させられており、それを助けるには赤目そのものを倒す必要がある。ハンイットは赤目と対峙し討伐することに成功するが、魔物の心を読めるハンイットでもそのときは何故か読むことが出来なかった。

 

次回は手記を紹介していこうと思います。

【OCTOPATH TRAVELER】激戦、サブストーリー「旅の果て」クリア。

こんにちは、Kazuです。

 

f:id:Undecided:20180921210602j:plain

タイトル画面に王冠が付きました。

裏ボスの魔神ガルデラを討伐することができました!

前座に30分、ガルデラに90分くらい使ったと思います(笑)

 

2回負けていたガルデラ第1戦目。

f:id:Undecided:20180921214146j:plain

パーティはこんな感じ。

属性攻撃が痛いことが分かったのでプリムロゼに神官のジョブを付け、踊り子奥義で単体特技を範囲化。属性防御を上げる守護のベールを範囲化して維持しながら戦いました。

これで戦いは安定し、取り巻きを倒すことで剥がれるダメージ無効バリアが無くなって本体へのダメージも与えられるようになりました。

すると今度は見たことの無いフェーズで、既に倒した体の一部である亡者を全て復活させてきました。

f:id:Undecided:20180921214446j:plain

敵が4体なので早く倒すかブレイクさせるかしないと苦しい状況なのですが、亡者の弱点はロックされて1つしか無く、更に1匹ずつ弱点がずれています。

そして亡者にダメージを与えるとその弱点が1つ右にズレるというギミック。

パズルのようでしたがここはアーフェンの超劇物の調合が役に立ちました。

f:id:Undecided:20180921215015j:plain

第1戦目は物理パーティなので最後は剣士の奥義でトドメ。

(負けたらすべてやり直しという意味も含めて)手に汗握る戦いでしたがアーフェンの調合が万能で間違いなくMVPでしたね!

 

そして2戦目。

f:id:Undecided:20180921215304j:plain

先ほどのボスは下半身だったみたいで、こちらが上半身。

初めから4体を同時に相手にする形でした。

でも攻撃はそこまで激しくないのと、本命の魔法パーティだったのでブレイク狙いがしやすくあまり苦戦しない印象でした。

1戦目と同じように取り巻きを倒すと本体のダメージ無効バリアが剥がれます。

f:id:Undecided:20180921220036j:plain

あまり苦戦することはなく最後は光のルーンによる追撃で撃破。

 

無事裏ボス討伐に成功することが出来ました。

終戦にふさわしく激戦だったのでとても満足しています。

f:id:Undecided:20180921220313j:plain

真エンディングを期待していたのですが最後にこの物語の結末のイベントがあり、クエストクリアみたいな感じで終わりでした。

一応これでメインストーリー、サブストーリー共に全てクリアで全ボス撃破なので終わろうと思います!

 

【OCTOPATH TRAVELER】 裏ボスに挑戦!ジョブ、ルーンマスターが強すぎる

こんにちは、Kazuです。

レベル上げは昨日たくさんしたので裏ボス行ってきました!

先に結果を書くと惨敗でした(笑)

 

f:id:Undecided:20180920160102j:plain

こちらの入り口から…

f:id:Undecided:20180920155950j:plain

フィニスの門の内部に突入。

左右に青黒い炎が見えますが、あの炎は合計8個あってそれぞれボスとの戦いになります。

各キャラの4章ラスボスの強化版かなと思ったんですが、一部違ったのでおそらく魔神ガルデア復活計画に関係のある存在が敵として現れているのかなと思います。(そもそも覚えてない奴もいましたが)

 

レベルも上がっていたので依然戦ったときよりサクサクで8連戦こなすことが出来ました!

ここで使ってて気付きました。

ジョブの魔術師はメインアタッカーでもちろん強いのですが、ルーンマスターが本当に強いです。

ルーンマスターの戦い方はアビリティ「拡散のルーン」で自分対象の効果を範囲化させるのですが、これがトレサと非常に相性がいいんですよね。

トレサはベースジョブが商人なので「ひと休み」「緊急回避」を範囲化させることが出来ます。

前者はHP/SP回復、後者は物理攻撃1回無効ですから安定感がかなり増します。

 

ですがルーンマスターの真骨頂は物理攻撃に属性追撃を付ける各ルーンにあります。

f:id:Undecided:20180920161809j:plain

これ本当に強いです。

f:id:Undecided:20180920160826j:plain

こんな感じ。

オクトラの戦闘は敵によってバリアが何枚か貼られてたりするのですが、それを画像にある弱点アイコンの攻撃で0にしてブレイクをさせることが重要になります。

ブレイクをさせないと攻撃がほぼ半減されるのでまともに相手を削ることが出来ません。

にも関わらず、弱点ルーンによる追撃をつけておけば杖の攻撃で300程度しか与えられない状態でも9999ダメージは当たり前のように出ます。(上の画像はブレイク中ですが)

また、サポートアビリティのダメージ限界突破を付けていれば通常攻撃一回だけで追撃25000など恐ろしいダメージを叩き出すことが可能でした。

おそらく威力は属性攻撃力依存なので、ルーンを意識してアビリティを整えればもっと大きなダメージを出すのも可能だと思います。

そんな感じで8連戦をこなしてボスへ行ったのですが…

 

f:id:Undecided:20180920163227j:plain

(おそらく)第1形態の第2フェーズでボコボコにされて負けました。

f:id:Undecided:20180920163409j:plain

戦闘前にこのようにptを決めるのですが、強い方は後半戦に回して戦おうと思っていたんですよね。

でも初戦から普通に強くてそんな余裕なかったです。

強力な全体魔法やフィールドを状態異常に変化、更にこちらの属性防御を下げてきたり。

しかも戦闘に入って気付きましたがまともな火力が武芸家のオルベリクだけでしたし、削りもブレイク狙いも厳しかったです。

 

属性防御がかなり重要な戦闘になりそうなので対策してまた挑みたいですね!

 

【OCTOPATH TRAVELER】サブストーリー「怯えた羊」クリア+裏ボスへの準備!

こんにちは、Kazuです。

 

メインストーリークリア後に挑んで返り討ちに会ったボス、マーナガルムを倒すことが出来ました!

f:id:Undecided:20180920020832j:plain

レベルは70ちょっとでした。

このボスかなり強くて苦戦しました。

物理攻撃オンリーで攻撃してくるんですが、その火力が半端じゃなくて一瞬で崩れるんですよね。

 

鼓舞→攻撃アップ

大牙→単体大ダメージで即死

闇鳴り→全体大ダメージ+いてつくはどう

獣の大爪→全体大ダメージ+防御ダウン

遠吠え→ナイトウルフを1~3匹呼ぶ

 

これで1ターン2回行動で終盤は3回行動。

手下のナイトウルフもかなりタフで攻撃力もかなりあるんですよね。

トレサで緊急回避を全体化しつつオルベリクの挑発で攻撃を受けながら戦ってました。

報酬はエレメントブースターでした。

f:id:Undecided:20180920022638j:plain

 

かなりの量があったサブストーリーもおそらく全てクリアできたかと思います。

残すはレベル上げの後に裏ボスです、エンディングが気になります!

f:id:Undecided:20180920022941j:plain

【OCTOPATH TRAVELER】サブストーリー進めて伏線回収!気付いたら裏ボスに

こんにちは、Kazuです

今日もオクトラずっとやってました。もう60時間超えてます(笑)

 

今日はもう8人の物語を終えたので、どうやったらメインストーリーの伏線が回収されるのかを模索しながらサブストーリーを消化しまくってました。

メインで出てきた情報の中で、かつて世界にはガルデアという神が存在していて、12柱の神によって封印されたというものがありました。

そのガルデアを封印した場所はフィニスの門という場所だそうです。

サイラスのメインストーリー4章でフィニスの門に関する情報を少しだけ得ました。

f:id:Undecided:20180919021918j:plain

狂気に溢れてて見るからにヤバいですね(笑)

でもこういう情報はほんとに少なくて、このゲームでは神とか魔神とかが出たり世界が滅びるみたいな世界観じゃないと思うくらいなんですよね。 

例えばトレサのストーリーは夢に向かって頑張る少女の物語、それで全てですからね。

 

そんな感じで

メインストーリーでハッキリしてなかったものをまとめると、

  • トレサに夢を与えた手記の元の持ち主。
  • プリムロゼの父親を殺した黒曜会の目的。
  • オルベリクが騎士として仕えていた国、ホルンブルグが戦争に突入した理由。
  • ヴェルナーがエアハルトに王を殺させた理由。
  • サイラスが探し求めた辺獄の書の内容と存在意義。
  • 上でも書いた神々の存在や黒炎教という組織。

 

こんな感じでした。

それでサブストーリーの目的地はホルンブルグ合戦場跡。

オルベリクがエアハルトの裏切りを目撃した場面であり、ホルンブルグが滅亡した原因の場所でもありますね。

そしてそこにはフィニスの門が。

f:id:Undecided:20180919022652j:plain

これ、中に入るとクリアまでセーブが書けないみたいで、強力なボスの8連戦をやった後にラスボスに挑んだんですが圧倒的戦力不足で負けました。

Lv65とかだったんですが全然ダメみたいですね、しかも特別仕様で8人全員が4×2連戦?で戦うっぽいです。

あれですね、FF3のクリスタルタワー思い出しました。

小学生の頃に魔王ザンデを倒して暗闇の雲で負けた経験があるのですが、あそこもセーブ出来ないのでまさにそれ(笑)

 

でもここでついに今までの伏線がすべて回収されました。(写真撮り忘れ)

メインストーリーの裏で暗躍していた存在の目的を知ってしまったとき、背筋が凍るような(ゲームなので若干大袈裟ですが)感覚になりましたね。

ほんとに上手いこと出来てるなと思いました。 

 

あとはレベルを上げて裏ボスに備えます!